カラオケ屋さんで息子の誕生会

6日は息子の11回目の誕生日です。主人が休みの今日家族で大好きなカラオケに行き息子の誕生会を開いてきます。数日前に送られてきたカラオケ屋さんからのバースデーカード。それによるとカラオケ屋さんで誕生会をすればホールケーキとシャンメリーをプレゼントしてくれるそうで即予約を入れました。息子も娘も予約を入れた日から日一日と楽しみにしていた誕生会、きっと盛大に盛り上がることでしょうね。先週インターネットで注文していた息子の誕生日プレゼントも今日届くということで、少し早めのプレゼントも今日中に渡せそうです。最近主人と一緒に私が子供の頃に大流行したミニ四駆ではまっている息子・・・なので誕生日プレゼントはミニ四駆を自宅で走らせることの出来るサーキットレーンです。そんなものなかなか注文する人がいないせいか、注文してから1週間以上経っての到着になりそうです。息子にとって今日が思い出深い一日になってくれる事を願っています。お誕生日おめでとう!

キャッシング即日お借入24時

髪の毛が生えてきた

最後の子を出産し、授乳していたころ、髪の毛がごそっと抜けました。妊娠中はそういうことが起きやすいということは知っていましたが、まさか自分がと愕然としました。特に前髪の生え際で抜けて、前髪の分け方によっては、髪の毛が後退しているようにも見えたのが、本当に嫌でした。年齢的なものもあるし、遺伝的なものもあるかもしれないし(実父の髪が薄かった)、もう元には戻らないのかなと、半分あきらめていました。

ところが、その子が3歳になって最近気がついたのですが、なんと髪の毛が生えてきているのです。抜けていた前髪の生え際のところに、5~10センチくらいの髪の毛が生えそろっているのを発見したのです。びっくりしました。でも、とっても嬉しい発見でした。年齢的にもう無理かと思っていたけれど、まだまだ私はいけるのかなと思ってしまいました。

同時に生えてきてみたいで、短い髪の毛が生え際にふわふわしている見た目は、余りよろしくありません。前髪を下ろして隠していますが、髪の毛が後退せずにすんで、本当に安心しました。早く長さがそろわないかなと、わくわくしています。

小学校の参観日

最近の小学校の参観日は、金曜日と土曜日の2日連日行われる時がある、。

もちろん、年間何度かある参観日、平日の1日午後だけ…と、言う時もあるのだが、仕事を持っている親が多いからか、土曜日にも行う。

父親参観は土曜日か日曜日に行われていた事も有ったけれど、今は「父親参観」とは、あえて言わない。

金曜日1日中、土曜日の午前中と、いつ参観しても良い事になっている。

言ってみれば、この2日間、先生は気が休まらない。

ずっと、父兄が目を光らせている…いや、見守っている。

そして、おもしろい事を感じた。

1年生の教室前は、大勢の父兄が立っている。もちろん教室内にも入って授業を参観。

給食時間になったら、先生が「入って食べてみてください~」と、言っている程。

2年生…まあまあお母さんの姿が見られる。3年生…そこそこ、4年生…兄弟の下の子が1年生ってお母さんが多いのか、まぁ見かける。

5、6年生にいたっては…参観日?と、思うくらい誰も見に来ていない。このあからさまな現状に笑みがこぼれた。

高学年になったら、親も子供に関心が無くなるのだろうか。

金曜日は、仕事を持っている親が多いから見に来られないのだろうか。

当の子供達、参観日に見に来てくれない親に対して、どのように感じているのだろうか。

そして、私はどうなっていくのだろうか…。

長女が6年生になったら、長男は3年生。私は参観日行くのだろうか。

そう、私は、ママ友に会いに学校へ行くと思う。

食事を難しく考えてみました

最近、間食の量とかかなり減っています。晩ご飯後のデザートも今は食べていません。

ダイエット視点で言うといい事なのでしょうが、ちょっぴり寂しい気もします。

別にデザートを食べたい訳でなく、あれは心因的に満足感を与えるのに一役買っていたのかも知れないなと思ったんです。

 

私は食が細いと言うか、基本的にあまり食べないのでピンと来ない部分もあるのですが、食べ物を食べると言う事は、身体の欲求だけでなく、心を満たす役割もあるのかなと。

だから、何かあったらヤケ食いとか、無茶したりするのかなと思うんですよね。

食べないダイエットが長続きしないとか、リバウンドの原因になるのもその辺から来てるのかなと思ったりしています。

 

よくSFの世界観にあるような、サプリだけで生活出来ちゃうような時代は、そんな事を考えると絶対に来ないような気がするんです。

必要な栄養を取るだけでは、人間は駄目になってしまうよなう気がするんです。

 

まあ私の場合はそこまで行ってなくて、ちょっと寂しいなあと思っただけの話なのですけれどもね。